シャングリラ・アース|魔法ハーブと宇宙エネルギーの願望実現レシピ

シャングリラ・アースは幸せ魔女の薬草ハーブの魔法、宇宙の法則を元にした魔法の仕組み、願望実現をお伝えしていきます。

中医のお話

そして梅雨明けから一気に日照りとなると、
つい冷たいものをとりすぎてしまいがちです。

よく熱中症対策に水分をとるようにと
言われますが、炎天下で冷たい飲み物のガブ飲みは
たいへん危険なんです。

なぜなら一気に体温が冷やされ、
カラダがびっくりしてしまうからです。

この季節になるとよく耳にする「熱中症」、

実はコレが大きく関係しているんです。
 

中医学でいう熱中症とは

「陽暑(ようしょ)」と「陰暑(いんしょ)」の
二つに分けて考えます。

 

陽暑の症状

突然、高熱がでる、意識がもうろうとする、
汗が吹き出す、口渇、めまい等。

⇒まさに熱中症のことです。

 

陰暑の症状

悪寒、汗がでない、頭が重い頭痛、
 ⇒実はコレ、熱中症になる前にでる症状なんです。

厳しい暑さが続き、大量の汗をかくと
カラダは自ら体内に水分を溜め込もうとします。

そんな時、一度に冷たい飲み物を大量に摂取してしまうと
体内の陽気(簡単にいえば、血液や気を動かす力)が
働かなくなってしまうのです。

本来は余分な水分は尿や汗として排出されますが、
陽気が少なくなれば排出することができなくなり、
結果、悪寒を感じるような症状がでます。

このままの状態で炎天下にさらされると、
汗がでない状態なので体温調節ができず、
倒れてしまうのです。

すでに陽暑、陰暑の症状がある時は
生姜と黒砂糖のジュースがオススメです。
臓器を適度に温め、
体内の陽気を取り戻すことができます。

すでにかなり苦しい症状の方は、
薄い塩水をゆっくり常温で飲んでください。

熱中症には昼寝を

睡眠は最も体力を回復させる方法です、
休憩時間の数分でも充分に効果があります。

よく東南アジアの国に行くと、
午後に木陰で昼寝していますよね?
あれは熱中症対策なんですよ☆