シャングリラ・アース|女性性開花♡宇宙の陰陽五行メソッドで自分を生きる

シャングリラアースは女性性を開花して自分を生きると陰陽統合となり男女和合、パートナーシップへつながっていきます。中医学とスピリチュアル、陰陽五行と宇宙の法則からお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

【薬膳レシピスト】@千葉体質診断ティーチャーコース 第4回目

f:id:rrryo719719:20171112131223j:plain

今回は、五臓の中でも「血」に深い関わりのある臓器について学びました。
第4回目の講座内容はこちら。

★肝臓について ~イライラ現代人と深い関係~

★心臓について ~ハートの臓器は他者愛との関係~

★腎臓について ~副腎、ホルモン、生命力との関係~

 

 

+++++  +++++  +++++

 

まずは心臓について。

第3回目で肺は自己愛の臓器とお伝えしましたね。

心臓は心、つまりハートの臓器。

 

「心が痛む」とは、自分以外の他人や自然、生物に関してですね。

そうです、心臓は「他者愛」の臓器なんです。

 

絶命の危機に瀕した際、「心肺停止」といいますね。

このように心と肺は密接な関係があるのです。

 

心の不調は不安感や精神の乱れからくる「うつ」とも関係します。

実は、ある方法が効果的なんです。

 

これは女性ならではの方法で、(男性もシャツのポケットでいけるかな?)

ブラジャーに◯◯を入れる、という方法をお伝えしました。

f:id:rrryo719719:20171112131345j:plain

 

お次は肝臓について。

五臓の中でもっとも血との結びつきがあり、血液の病気=肝臓といっても過言ではありません。そして、ストレスと深く結びついています。

 

虚弱体質でなければ、日常的に多いのはイラッとくる感情、つまり「怒り」ではないでしょうか。(虚弱~の人は怒りより、凹むんです。)

 

しかし、「怒りの感情」は悪いことばかりではありません。

それをバネに奮起したり、原動力になったり、プラスに動かせば大きなパワーになります。

 

でも、日本では「怒っている」という感情はあまり歓迎されません。

なので、自身で「何に対して怒っているの?」とセルフコントロールすることが必要になってきます。

 

ストレス対処法などで、エネルギーを充電したり、美味しいものを食べたりして発散しているという人も多いと思います。

 

でも、それは一時的なもので、すぐに元に戻るんです。

 

それはなぜ?

では、どうすれば?

 

 

+++++  +++++  +++++

 

ラストは腎臓について。

 

腎は「精」と「命」、つまり命の源を貯蔵する臓器。

女性的な臓器ともいわれ、腎が活性化している人は「色気」があふれています。

また「精霊」は腎臓に宿るといわれています。

 

 

そのため性と生、つまりセクシャルなものと生命エネルギーは道源とも捉えることができます。

 

腹八分目がよい

空腹が長寿にする

 

このように聞かれたことはありますよね。

 

お腹いっぱい食べると、生命エネルギーが落ちる=性的エネルギーが落ちるということでもあります。

 

貧困国で食料が少ない国は子供が多い、というのもうなずけますね。

 

次回はいよいよ不調について学びます。

 

まず虚証、実証について。

 次に気血水の虚証について、より詳しく具体的に落とし込んでいきます。