シャングリラ・アース|女性性開花♡宇宙の陰陽五行メソッドで自分を生きる

シャングリラアースは女性性を開花して自分を生きると陰陽統合となり男女和合、パートナーシップへつながっていきます。中医学とスピリチュアル、陰陽五行と宇宙の法則からお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

「鎌倉ものがたり」よかったです!”イメージで現実を創る”メッセージいっぱいの映画でした☆

f:id:rrryo719719:20171213190527j:plain

お久しぶりのブログ更新となりました。

なかなか書けませんでした。

なぜなら、停滞していたから。

 以前もお伝えしている、「見た目で分かる!薬膳 体質診断レッスン」の動画を読者さまにいただいた意見を元にスクリプトを作成していたのですが、数日前からインスピレーションが沸かなくなって。

 

なんか詰まっちゃいました。

ここ最近は無意識でしたが、家族に合わせる生活が多かったようで。

そうなると、自己と分離してインスピが降りてこなくなってしまうんです、私。

 

というワケで

本来の自己を取り戻すため

 

やりたいことを思いっきりやることにしました!

 

やりたいことをする=この世に生まれてきた目的ですからね。

生命力やインスピレーションが一気に回復できるんです。

 

①気分がのらない日は、晩ご飯作らない

②チビ預けて映画観に行く

③チビ預けてイタリアンシェフの料理教室に行く

チビ預けてフラメンコを再開した(これが一番思い切った☆)

 

そしたら☆

ほらほら、本来の自分を取り戻してきました。

日常がとても美しく感じる。

きっと分離していたものが統合されたから☆

 

それがなぜかはまたゆっくりお話しますね。

 

今日は②について。

大好きな鎌倉を舞台にした、”鎌倉ものがたり”。

なかなかステキなメッセージ性の高い映画でしたよ▽`*)

 

youtu.be

鎌倉はほんっっとうに大好きで、横浜に住んでいた頃は数え切れないくらい行きました。鎌倉ゲストハウスに泊まって、チャリレンタルして町中走り回っていました。

【鎌倉ゲストハウス】囲炉裏のある小さなお宿

 

気のめぐりがよく、海と山、神社仏閣がこんなにも溶け込んでいる街って日本じゅう探してもなかなかない。

f:id:rrryo719719:20171213174857p:plain

物語は”鎌倉には魔物が住み、人間と仲良く暮らしている”という設定。

鎌倉にずっと住んでいる作家さんと、そんな鎌倉生活に驚く奥さんとの新婚ホヤホヤの生活。

 

私も妖怪や精霊が多い場所だと感じていたんです!

そして海にはでっかい龍神さまも。

彼らがとっても魅力的で、人間を惹きつけてやまない。

なので人気観光地なんでしょうね(*^-^*)

f:id:rrryo719719:20171213182608p:plain

 ひょんなことから同居することになった貧乏神さま。 

f:id:rrryo719719:20171213180943j:plain

私の大好きな役者(本来は武踊家)さん、田中 泯さんでした♡

f:id:rrryo719719:20171213181018j:plain

御年72歳。

初めて見た時から、その存在感に圧倒されました。

シリアスな役が多かったんですが、おちゃめな役もいい味出してステキ☆

 

 そんなこんなで、驚きながらもラブラブの二人♡

 

ところが。

奥さんを前世から狙っている魔物により、黄泉の国へ連れ去られてしまいます。

まだ寿命は残っているはずなのに・・・。

 

「丑の刻(午前2時)に黄泉の国行き列車が出る」

 

死神からの情報により、魔界マツタケで一時的に幽体離脱した作家さんは江ノ電伝説の”タンコロ”に乗って、黄泉の国まで取り戻しに行きます。

f:id:rrryo719719:20171213174812p:plain

この黄泉の国の設定が、どこか懐かしくて。

モデルは中国・湖南省の「武綾源」だそう。

今でも道教の仙人が暮らす聖地です。

f:id:rrryo719719:20171213182134p:plain

やっぱり!

台湾の「九份」や諸葛公明の子孫が暮らす「諸葛村」そっくりだと思ったんです!

やっぱ古代中国の風景や美術品に引き寄せられるし、惹かれるんですよね〜〜〜♡

 

そしてそして

 

黄泉の国で死神が言うことが、まさに「現実はアナタのイメージが創っている」という、ブログテーマにドンピシャだったんです☆

 

 

作家さん:

「黄泉の国とはこんなところなんですね。」

 

死神:

アナタが思い描いている黄泉の国が見えているんです。他の人には別に見えているんですよ。

 

 作家さん:

「(地獄を指して)あれも?」

 

死神:

「はい、地獄です。でも生前の罪の意識が作り出している場所なんですけどね。」

 

 

やっぱり!

仏教でいう「地獄」そして「天国」もない。

だって良いも悪いもないんだから。

罪の意識でそこにフォーカスしたから、自身が地獄を創り出してしまってるんだ!

 

 

 

そして

 

奥さんを救い出すために、亡くなったお父さんからのアドバイスは

 

「現実は頭の中なんだ。イメージで戦うんだ!」

 

奥さんをさらった魔物からイメージで様々な道具を創り出し、助けていきます!

でも、なかなか敵も手強い。

 

そんな時、「最後は神頼み」的なことが起きちゃいます!

 

ここからは観てのお楽しみ!

ぜひ、観に行ってください!!

f:id:rrryo719719:20171214140435j:plain

監督は山崎 貴さん。

「ALWAYS 三丁目の夕日」や「永遠の0」など、映像美のすばらしい作品が多いです。

こんなセリフがあるということは、思考の現実化をかなり分かっていらっしゃる☆

また宇宙人仲間みっけ( ̄▽ ̄)

 

 

 今日も読んでいただき、ありがとうございます♡