シャングリラ・アース|女性性開花♡宇宙の五行メソッドで自分を生きる

女性にしかできない願望実現法を中医学とスピリチュアル、宇宙の根源である裏・陰陽五行論と宇宙の法則からお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

神社とは子宮の中? ゼロ磁場で太古の時空へトリップできる〜三重 瀧原宮(たきはらみや)〜

f:id:rrryo719719:20180222195923j:plain

こんにちは、Ryokoです。

2月16日(金)は新月、そして旧暦のお正月でしたね。

我が家は人混みの新暦のお正月は避け、旧暦のお正月に参拝するようにしています。

 
なぜなら、ゆっくりできるから。
 
 
突然ですが、神社ってどんな場所でしょう。
なんで願いが叶うとされているんでしょうか?
 
金剛経で「胎動界」とあるように
 
「神社」は生を受けた場所、女性の「子宮」の中のこと。
つまり、魂が宿った場所なんです。 
 

 

生まれたらこんなことをする〜
あんなことを経験する〜
 
「生まれてくる目的」という「青写真」を決めてきている場所なんです。
 
なので子宮の中に里帰りすることにより、日常生活で忘れていた記憶を思い出すことができる。
 
 
あ、私は本当はこんなことを経験したかったのに、何やってるんだろう?
今一度、ちゃんと生きようと「思い出す」ことができるんです。
 
 
思い出し、ちゃんと神様に誓う。
だから叶うんですね。
 
 
思い出すためにはゆっくりと落ち着く時間が大切です。
 
子宮にいた頃の記憶に浸ってみると、とても気持ちがいいですよ☆
 

f:id:rrryo719719:20180222195707j:plain

 今回はこんなオーブ?まで写っちゃいました。
本当、ステキな場所です。
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
我が家は毎年、お伊勢参り(内宮、外宮、猿田彦神社、月読宮)と浅間山の八大龍王にご挨拶が通例でしたが、今年は何か違う。
 
そして子供を抱っこ紐おんぶ状態で内宮・外宮の砂利道&アップダウン階段はさすがにキツイ・・・。
 
「行きたくない」って感情が出たってことは、今年は来なくていいよってこと。
そんな感じで軽〜く捉えています。
 
 が
 
私たち夫婦はまさに陰陽、物事の捉え方がまったく違うんですね。
 
ダンナは毎年のことだから、キツくても続けようと。
私は感情に従い、今年はゆっくり参拝したいので通例を見直そうと。
 
だからケンカもしょっちゅう起こる。
でも、もう感情に嘘つかないと決めた。
 
そしたら、やっぱりうまくいった☆
内宮・外宮の参拝はけっこう時間がかかります。
そしたら奈良の山奥にある天河大弁財天までは時間的に無理だったんです。
 
お任せすれば、すべてうまくいくということですね。
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
昨年行ってから、あまりのクリアなエネルギーにハマってしまった瀧原宮
伊勢神宮・内宮の別宮になります。
 
別名「元伊勢」といい、今の伊勢神宮が建てられる前はこちらだったとされています。ただ、歴史が古すぎて、詳細が分かっていないというミステリアスな神社です。
 
私には縄文時代より前の太古の空間に迷い込んだような感覚があります。
 
 
やっぱ瀧原宮といえばこのねじり木。
中庸は中心から上がるエネルギーなので、このようにねじれてしまいます。

f:id:rrryo719719:20180222193009j:plain

 
↓昨年の記事。ここはゼロ磁場という、陰陽の偏りがほとんどない場所だからなんです。 

bigakuyakuzen.hateblo.jp

 
古いならではの、ここだけの大きな特徴が二つあります。
 

瀧原宮さま、瀧原竝宮さまが対。つまり陰と陽で鎮座されている

f:id:rrryo719719:20180222190430j:plain

 
メインのお社が同じ敷地内にピッタリ横並びに二つ。
大きさも並びもまったく一緒。中庸を表すド真ん中に御神木。
私はここ以外では、未だかつて見たことありません。
 
太古は陰と陽、太陽神と月神、つまり男女は同じ扱いだったということです。
 
右は瀧原宮 和魂(にぎみたま)つまり男性の太陽神
左は瀧原竝宮 荒魂(あらみたま)つまり女性の月神
 
私は饒速日(ニギハヤヒ)と瀬織津姫(セオリツヒメ)だと感じています。
※土地の神様で若宮神社、川島神社は違う敷地、右上に鎮座されています。
 

お札も陰陽で二つセット

f:id:rrryo719719:20180222191633j:plain

 こんな感じで横並びで置きます。
 
 一般的な「神宮大麻」ってコレですよね。

f:id:rrryo719719:20180222191710j:plain

でも、無理やり一つにまとめたため、太陽神なのに女性?ということになっちゃってます・・・( ̄▽ ̄;)

 

 ま、歴史的に色々あったようで。
いづれにしろ、私は太古は二つだった(平安時代までこの形態だそう)ということで納得☆
 

f:id:rrryo719719:20180222192017j:plain

ここの手洗い場は五十鈴川。
透明度が半端ないです!

f:id:rrryo719719:20180222193208j:plain

私は雲南省からのお付き合い、龍ちゃんを浸してみました☆
ふわぁ〜っと白とグレーの、とても大きな龍神様を感じました。

f:id:rrryo719719:20180222193316j:plain

川の入り口にあるめっちゃデカい切り株。
後ろの小屋と比べてみてください!
 
ココ、どんだけ古いんだ?
苔の生え方といい、ヤバい!
 




やっぱり今回もほげ〜〜〜っと頭の中が「無」で過ごすことができました。
新月、そして新年の幕開けに来れたことに感謝☆です。
 
次回は奈良 天河大弁財天社です。
 
 今日も読んでいただき、ありがとうございます♡