シャングリラ・アース|魔法と宇宙の法則の願望実現レシピ

シャングリラ・アースは幸せ魔女の薬草ハーブの魔法、宇宙の法則を元にした魔法の仕組み、願望実現をお伝えしていきます。

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜なぜ魔女が犠牲になったのか?〜

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜なぜ魔女が犠牲になったの?〜

こんにちは、Ryokoです。

今日はいよいよ第2回目☆

”昔の魔女は医療従事者だった”

魔女は怪しい、怖いものだと思い込んでいた
Ryokoはホッと安堵したのだが・・・。

「本当は治療したくなかった」

それっていったい・・・・?

 

 1回目はこちら↓

www.shangrila-earth.com

 

というワケで今日は

”薬草魔女の気血水レッスン”が出来るまでストーリー

第2話 なぜ魔女が犠牲になったの?

 

【登場人物】

★Ryoko(私)

★魔女ブルーム

★親友 魔女ジャンヌ

★男性 エルダー

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

 

でもね・・・・

本当は私たち魔女は
治療はしたくなかったのよ

 

Ryoko:
え、どういうこと?

 

ブルーム:
それには私の親友、魔女ジャンヌの話を
しなければならないわ・・・

 

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜犠牲になった魔女、ジャンヌ〜

 

ブルーム:
ジャンヌはとても美しく、
そして芯の通った女性だったわ。

また治療家として命を尊ぶ
助産婦でもあったわ。

私の生きた時代はRyokoの時代のように
医療が発達していなかった。

だから

人の”氣”、つまり生命エネルギーのバランスが
どう偏っているのかを診ることで治療したの。

 

Ryoko:
へぇ・・・

 

ブルーム:
実はRyokoの時代より、
圧倒的に病気が多い時代だったの。

東洋医学でいう外因と内因
分かるでしょう?

外因は外からのウィルスや疫病、
過酷な住環境による伝染病などね。

実はほとんどがこれで亡くなっていったの。

内因は心の病、ようは考え方のことよ。

外因は主に薬草ハーブを使って解毒したり、
カラダのバランスを整えていたわ。

 

Ryoko:
今って外因は圧倒的に少ないかも・・・

 

ブルーム:
よく気付いたわね!

だって抗生物質や消毒液があるでしょ?
これで菌を殺すことができるのよ。
そうすれば伝染病の広がりを抑えられる。

それに麻酔があるから、
開腹手術だってできる時代なのよ。

住環境だって全然違うわ。

私たちの時代は厳しい冬でも、
すきま風が吹き込むような家に住んでいたのよ。

そして夏は暑くて食べ物や水が腐りやすい。
それで亡くなる人も多かったわ。

 

Ryoko:
じゃ、内因、つまり心の病は治していたの?

 

ブルーム:
内因は治せないわ。

外因は外から”入って来た”ものだから、
出せばいいのよ。

でも、内因はその人の中から発症した病なの。
つまり、その人自身にしか治せないのよ。

その人にしか治せなので、
私たちにはどうすることもできない。

内因は自分の望む人生を生きていないと
発病するのよ。

世間や他人の声で封じ込めた自分の声、
「我慢」とも言えるわね。

 

Ryoko:
あ、それは現代も多い。

 

ブルーム:
そうらしいわね。

おかしいわよね、
だって私たちの時代と違って

命を落とすようなことには
ならないんでしょ?

家族が殺されたりするようなことも
ないんでしょ?

 

Ryoko:
本当にそんな時代があったんだね・・・

 

ブルーム:
そう、
ジャンヌはその犠牲になったのよ。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ブルーム:
ジャンヌはあることを知ってしまった。

薬草ハーブには治療や解毒だけではなく、
願いを叶えることができるということを。

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜ハーブ〜

ハーブには
陰の出す、つまり解毒。

そして陽の入れる、
つまり願いを叶えるパワーがあるとういうことを。

これを魔法、そのパワーを扱う行為が”魔術”というの。

なぜならハーブは

神様の依り代(よりしろ)、つまり神様のパワーを
カラダに注入することができるから。

 

Ryoko:
カラダは空魂(からだま)、
入れ物だっていうしね。

 

ブルーム:
”魔術”は”医術”というように”術”、
つまり医療従事者や治療家が優れていると
されていたの。

薬草ハーブを日常的に使っていたので、
自然と魔法パワーに気付いてしまったのね。

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜なぜ魔女が犠牲になったのか?〜

ブルーム:
実はその頃、
ジャンヌには「エルダー」という
好きな人がいたの。

彼とは身分が違って、
許される恋ではなかったわ。

でも、魔法ハーブを使えば

 

彼と一緒になれるのでは・・・

身分なんて関係なく生きたい・・・

もっと自由になるお金がほしい・・・

 

そんな”希望”、つまり”欲望”は
絶対に許されない時代だったのに、

でも、ジャンヌは自分の生きかたに
嘘はつきたくない。

そういって周りがどんなに言っても、
止めることができなかったの。

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜なぜ魔女が犠牲になったの?〜

Ryokoも知ってるように、
宗教はタブーの”欲望”がたくさんあるわよね。

〜してはならない

それが経典や聖書でこと細かく書かれるほど、
絶対的な存在だったの。

さらに・・・
男性神が信仰の中心になっていき、
女性蔑視の時代へと
なっていった・・・・

 

 

 

ブルーム:
そんな時、事件は起きたの。

 

”彼に会いたい”

 

その一心で恋の薬を作ろうとしたジャンヌは、
密告者によって魔女の疑いをかけられてしまった。

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜悪魔〜

やはり治療家が真っ先に疑いをかけられたわ。

なぜなら”術”を使える者は
”悪魔の使い”で黒魔術も使えるとされたから。

そして”痛みは罰”だとされた。

女性は出産の苦しみを、
男性は労働の苦しみをって時代に

痛みや苦しみを和らげることは罪だとされたの。

だから助産婦は特にひどい迫害を受けたの。

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②〜時代が悪い〜

どうにかジャンヌを助けられないか・・・・

でも、ジャンヌのお母さんはこう言った。

こんな時代に欲望を持つなんて、
なんてバカな子なんだろう。

そりゃあれだけ強い思いで
魔法をかければ願いは叶うだろう。

でも、時代がそれを許さないんだよ。

あの子が悪いんだよ・・・

薬草魔女の気血水レッスンが出来るまでストーリー②犠牲になった魔女〜


ジャンヌは炎に包まれて、
短い生涯を終えたわ・・・。

 

 

 

Ryoko:
。。。。。。。。。。。

 

ブルーム:
本当は黒も白も、悪魔も天使もないのよ。

でも、時代がそれを許さなかったの。

 

でも!

Ryokoの生きている今という時代、
本当に叶えたい願いは
叶えられる時代になったでしょう?

欲望を持っても命を落とすことは
ないでしょう?

 

だから時を超えて
あなたの元へやって来たのよ!

魔法のことを伝えに来たのよ!!

 

Ryoko:
そうか!
本当は治療はしたくなかったというのは、
今の時代だからできる

願いを叶える魔法ハーブとして

使いたかったってことね!

 

ブルーム:
そうなのよ!

 

次回に続く☆

第3話はこちら↓

www.shangrila-earth.com

★ブルームRyoko★

✨お知らせ✨

 

☆薬草魔女の願望実現レッスン☆

この世界のカラクリに気付ける魔法✨
現実創造の魔女になれるレッスン

20210207165604

 

☆LINE登録はこちらから☆

登録者さんにだけ、
魔法の情報をお伝えします✨

20210207182807

 

☆YouTubeチャンネルはこちらから☆

魔女Ryokoの魔法と笑える話が満載✨

20210206170219

 

☆FaceBook☆

友人申請はメッセージを添えてね✨

20210206170635

 

☆インスタグラム☆

魔女Ryokoの日常がまる見え✨
フォローミー💕
ブログから辿り着いた方は
DMくださると嬉しい★

20210205163059

 

☆魔女コミュ☆

自分ビジネス 魔女さんのフリマ✨
フォローミー💕
商品やレッスンをどんどん告知して
拡散しよう★フォローと同時に
DMくださるとリポストで掲載します💕

20210206173638