シャングリラ・アース|幸せ魔女で生きる☆魔法ハーブと宇宙の法則で願望実現☆

シャングリラ・アースは幸せ魔女の薬草ハーブの魔法、宇宙の法則を元にした魔法の仕組み、願望実現をお伝えしていきます。

親子は生物学的に嫌いになるようになっている。では、その先にあるものは?

親子は生物学的に嫌いになる仕組みになっている。嫌いの先にあるものは?

こんにちは、Ryokoです。

ここ最近、大きな変化が訪れてます。
ちょうど日本に帰国して9年が経ち、
ひとつの区切りに差し掛かっていると
感じています。

来週には色々とお伝えできそうです。

さてさて。
今日は

親と子は子孫繁栄のため、生物学的に対立、嫌いになるようになっている。

「獅子の子落とし」などのことわざがあるように、

ある年齢に達すると近親相姦を防ぐため、独り立ちするために生物的本能で嫌いになるようになっている

 

 

親子なのに分かり合えない
とってもよく聞きますよね〜。

でもね、
この言葉自体が間違ってます。
正しくは

親子だから分かり合えない
です。

 

私も親のことでとても悩んできました。
でも、悩んで悩んで・・・

言動、行動がまるで嫌われようと
しているようにしか思えない!
こうまで違うのは、いったい何でだろう?

そして生物学的見解に気付いたんです。

 獅子の子落としのように

タンポポの綿毛が遠くに飛ぶように

出来るだけ遠くへ離れようとするのは、
生物としての本能、そしてDNAなんです。

 

今、ハーフタレントが
とっても人気ですよね。

例えばイギリス×日本であれば、
東洋と西洋のいいとこ取り、
エキゾチックな雰囲気でスタイルもいい。

美しいばかりでなく、
頭の回転がよく、話術にも長けている。

それは
土地が離れた者同士のDNAのほうが
生物学的に優れるようになっているから
なんです。生殖も離れたDNAのほうが
成立しやすいんです。

なので、
DNAは近ければ近いほど、
つまり血縁関係が濃ければ濃いほど

対立する

衝突する

嫌いになる

離れようとする

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

それが顕著に現れ始めるのが、
性が目覚める思春期の頃。

娘は父を嫌い、息子は母を嫌う。
これは近親相姦を防ぐための本能。

同性同士でも争い、対立する。
早く出て行けと言わんばかりに。

性の目覚めとは陰と陽、つまり女と男という
分離した存在になってしまうということ。
心も、カラダも。

幼少期の完全体が、突然分離してしまった
欠如感。

分離した自分を統合しようと、
元の自分に戻ろうと、
異性のことが、性のことが
気になって気になってしょうがない☆

それはそれは、自分で自分をコントロール
できないほどに

生物としての本能、
DNAに翻弄されてしまう

 

 

だから、
親子関係は小難しく考えなくていいんですよ。

そっか、DNAが離そうとしているのか、
衝突するんだったら今は離れておくか。

こんな軽〜い感じで大丈夫。

 

ここまでは生物学的見解。

ここからが人間としての見解。

DNAにより必ず嫌いにはなるんですが、
これまた思いっきり嫌いになると、
思いっきり離れると・・・

急速に
惹き寄せられる時がくる

 

それがいつかは人それぞれ。
それを魂の記憶というのかもしれません。

なぜなら、
私たちは親子になると決めてきているから。
それを魂の深いところで知っているから。

だから、世間の声や道徳観で植えつけられた

親と仲良くしなきゃ

子どもは親に感謝しなきゃ

親子だから〜しなきゃ

この〜しなきゃからもう解放されよう。
親を許せない自分を許そう。

DNAのせいだから

それで生きれば、
時が来ればちゃんとつながるようになるから。

今日もあなたとの出会いに感謝☆

 

☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆

オンライン講座、開講中です。
女性にしかできない方法で、
パートナーシップとお金から自由になる☆ 

www.shangrila-earth.com

 

Line@はこちらから↓

ブログの更新やここでしかお伝えできない
ことも♡こちらのホーム投稿より、
過去の記事が見れます。
オンライン講座の7日間紹介メルマガも
ありますよ。

Line IDは@igf5997t

シャングリラアース Line@登録はこちらから