シャングリラ・アース|女性性開花♡宇宙の五行メソッドで自分を生きる

女性にしかできない願望実現法を中医学とスピリチュアル、宇宙の根源である裏・陰陽五行論と宇宙の法則からお伝えしていきます。柴犬モモタロウと男の子のママ☆

恋愛はトキメキと同時に、信じられないほど醜い自分を知ることにもなる。それに気付いた後、見えてくるものとは?

f:id:rrryo719719:20180529165533j:plain

こんにちは、Ryokoです。
 
今夜は満月ですね☆
 
ただいまオンライン講座作成の真っ最中。
 
テキストはワーク形式になっていて、
過去を見るか見ないか、ということを考えていました。
 
結果、やっぱり入れようと思いました。
 
 
 
 

 

今、この瞬間しかない
 
 
 
最近はこればっかり言ってて、
確かにその通りではあるのですが、
 
 
 
過去の清算
 
 
 
これをしていないと、
今になかなか向き合えないのではないか?
 
 
だったら私自身はどうなんだろう?
 
 
心の奥底に封印していた過去があるのか気になり、
引っ張り出してみることにしました。
 
 
 
といっても無理に引っ張り出すのではなく、
内側の私に問いました。
 
 
必要だったら何か知らせてね
 
 
 
※過去感情は降りてくるというより、
肚から湧き上がってくる感じです。
 
 
何も来なければもうない、
ということだろうから。
 
 
 
 
 
 
そしたら、数日後。
 
やって来たのは
 
 
好きなのに別れを告げた人
でした。
 
 
 
うぁ!
来た〜〜〜!!!
 
 
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
 
 
降りてきた流れはこう。
 
 
 
なんとなくAmazonで観た映画「追憶の剣」
 
悲しい愛の結末に心を打たれ、
その夜はなんやらシクシクしていたら
 
 
 
FBに友人申請してきた人の名前が、
まさか?!
 
 
一瞬目を疑ったのですが、
一文字違いでした。
 
 
あ、違ったか。
 
 
 
ん?・・・もしかして?
 
 
好奇心からFB検索をしてしまったんです。
 
 
 
あ!
 
 
そこには、
あの頃と同じ目をした彼の姿がありました。
 
 
 
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
 
 
 
当時、私には高校時代から
付き合っているK君がいました。
 
 
 
交際9年目に入り、
そろそろ結婚という流れに。
 
 
友人同士知ってる
お互いの親も公認
実家もほどほどお金持ち
 
 
そして
 
 
「運命シリーズ」でもお伝えした、
父が民事再生法でたいへんだった時、
寄り添ってくれた人でした。
 
 
でも
 
 
 その頃の私は、
 
 
 
一生、この人しか知らない
 
 
 
これがすごく恐怖だったんです!!
 
 
もっと他の恋愛をしてみたい!
もっと他の世界を見てみたい!
もっと成り行き任せで生きてみたい!
 
 
 
なぜか結婚=不自由という枠に当てはめていて、
結婚話が進むたびにモヤモヤしていました。
今思うとそんなこと全然ないのですが☆
 
 
 
そして婚前の最後のわがままとして
オーストラリア一人旅を強行することに。
 
 
ツアーではなくホテルだけ決め、
後は成り行き任せというプラン
 
 
親やK君の反対を振り切って、
やっと辿り着けた異国の地。
 
 
ヤバい、知ってしまった・・・
 
 
 
私の中の何かがパチンと弾けました!
そう、自由への旅が始まることになるのです!!
 
 
 
まもなくして、
K君との関係は終止符を打つことになりました。
 
 
 
 
9年の歳月が終わりを告げるのは
悲しかったけど、それより何より
 
 
 
また海外に行ける!
 
ひとりで自由にできる!
 
 
 
そっちのほうにワクワクしていました☆
 
 
きっとK君には「好き」というより、
仲間という感情に近かったんだと思います。
 
 
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
 
 
すでに寿退社をしていた私は渡航費用のため、
バイトを始めます。
 
 
 
半年後にはまたオーストラリアへ、
今度はワーホリで旅立つ予定になっていました。
 
 
もちろん、彼氏は絶対いらない!!
すぐに会えなくなるんだし☆
 
 
そう思っていました。
 
 
ところが
 
 
 
そーゆー時に限って、
できてしまったんですwww
 
 
 
ただ、
むっちゃ抵抗がありました。
 
 
 
だって、バイト仲間の彼は
 
 
 
9歳年下の学生だったんです☆
 
 
 
 
モーレツにアタックしてきた彼に
年上をからかうんじゃない!と
何度も何度もスルーしましたが・・・
 
 
 
もう、根負け・・・
 
 
 
いえいえ、
 
情熱です( ̄▽ ̄;)
 
 
 
子供のような、
一点の曇りもない目に
吸い込まれてしまいました。
 
 
 
ここまで聞いたら、
 
まぁ、ステキ♡
自慢ですか?
 
 
 
そう思われるかもしれません。
 
 
 
でもね
そんなキレイごとではなかったんです。
 
 
 
この恋愛は、まさか私の中にこんな感情が、
恐れ、不安、自信のなさ、いっそ殺したいとか
 
 
とてつもなくえげつない自分と
向き合うことにもなったんです。
 
 
 
 
++++  ++++  ++++
 
 
 
彼は周りとの調和を大切にするK君とは
まったく違うタイプでした。
 
 
 
我が道を行くストレートな彼は、
あまりにストレート過ぎて、もはや誰も
止められないほどの勢いで突き進む人。
 
 
計算というものがなく、
やりたいことはやりたい!
 
 
なので何かとやらかして注目されてしまう、
いわゆるクラスの人気者タイプとでもいうのか。
 
 
あ、でも松岡修造スポーツマンタイプではない。
どっちかというと、芯がブレないクリエイティブな
人でした。
 
 
 
 
絶対◯◯になるんだ!
ある分野を学んでいた彼は、
そう将来の夢を語り、たくさんの友人と
彼のファンという可愛い女子に囲まれていたんです。
 
 
 
私の感情は激しく動揺しました。
あまりに違う世界にいる人のように感じたんです。
 
 
 
 
何で私なんだろう?
 
私のどこがいいんだろう??
 
絶対に遊ばれてるだけだ!
 
こんなガキに本気になるな!!
 
 
 
心のブレーキかけまくりの私とは裏腹に、
アクセル全開で無邪気に接してくる彼。
 
 
でも
 
 
オーストラリアから戻ってきたら、
どーせ忘れてるんでしょ。フン!
 
 
ちょっと後ろ髪引かれながらも、
計画通り旅立ちました。
 
 
ところが
 
 
数ヶ月後に戻った時、
まったく変わらない澄んだ目の彼がいました。
 
 
 
もう、どうしたらいいか分からなくて。
いっそ嫌いになってくれたらいいのに。
 
 
こんなに人を好きになるのが恐いなんて、
つらいなんて、思いもしなかった!!!
 
 
 
だから
 
 
好きになってはいけない
 
どうせ長続きしないよ
 
まだまだ海外いっぱい行こうよ
 
 
そんな声と素直に飛び込みたい自分の思いが交差し、
ひとり苦しむ日々。
 
 
 
そんな中、彼の就職が決まり、
遠距離恋愛となることに。
 
 
 
どこまでも無邪気な彼は、
 
「こっちおいでよ、一緒に暮らそう!!」
 
 
そう言ってくれました。
 
 
でも、それはできませんでした。
 
 
住み慣れた土地を離れたくないわけでもない。
その新しい場所が嫌いなわけでもない。
 
 
これ以上一緒にいると、
離れる時がつらいから。
 
 
傷が深くならないうちに終えるという、
リスク回避策をとってしまったんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
彼が旅立つ日、空港で手紙を渡しました。
 
 
 
 
「サヨナラ」
 
 
 
 
 
泣きながら見上げた夜空には、
低い位置に輝くオリオン座。
そんな季節のことでした。
 
 
 
 
 
++++ ++++ ++++
 
 
 
 
 
それからの私は、恋にブレーキをかけていた分を
取り戻すかのように、アクセル全開で進むことに☆
 
 
行きたかった国にも行きまくり!!
 
 
 
その流れから中華文化に興味を持ち、
数年後には中国で暮らしていました。
 
 
 
 
その後の様々な経験から、私は彼を通じて
キレイごとばかりで生きようとしていた、
でもできない自分の醜い内をさらけ出されるのが、
直視しなければならないのが恐かったんだなと
気付きました。
 
すべて自分の投影なんだと。
 
 
 
ただ、オリオン座の季節がやってくると、
空を見上げることがどうしてもできなくて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・そのまま時は過ぎ・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「オリオン座、キレイだね〜♡」
 
 
 
何の躊躇もなく
そう言ってる自分がいました。
 
 
 
それは
旦那と夜、散歩していた時でした。
 
 
 
 
もしかして
 
 
 
私、今幸せなのかな?
 
 
 
 
夜空を見上げるたびに
締め付けられるようだった胸の痛みは、
気が付けばなくなっていました。
 
 
 
同時に
 
 
今、どうしてるのかな・・・。
 
 
 
そんなことがフッと心を過ぎりました。
 
 
 
 
 
++++  ++++  
 
 
 
そして昨日。
好奇心からFBで検索したら・・・
 
 
 
 
なんと!
彼は社長になっていました!!
 
 
 
やりたかったことをつらぬいて、
そのままストレートに突き進んで、
 
 
その頃と同じ、澄んだ目で
今囲まれているのは友人ではなく、
たくさんの社員さんでした。
 
 
 
うわぁ!
よかった〜〜☆☆☆
 
 
 
心からそう思いました☆
もう嬉しくて叫んじゃいました☆☆
 
 
 
あ、でも元サヤとか全然思わなかった。
ただただ、よかった〜って感情しかなくて。
 
 
 
 
 
きっとこのタイミングで再び会えたのは、
今日の満月のせいなのかもしれない☆
 
 
 
 
ありがとう
 
 
 
あなたのおかげで、
自分の本当にどーしようもない、
ありえないぐらいグダグダで、
えげつないぐらい嫉妬深くて
 
 
そして
 
 
人を愛するということを知ることができた、
そんなグダグダな自分を知ることができた、
そんな自分を愛することができた。
 
 
 
 
この世界は仮想現実。
今感じている感情は、あの時そのもの。
実は過去も今も、そして未来もないからね。
 
 
 
私の人生という映画の配役になってくれて
本当にありがとう。
 
 
 
 
この映画はめっちゃリアルで、
今書いていながら涙があふれてきて、
macが壊れないかと思いながらも
全然手が止まらないよ!!
 
 
 
 
 
今、私はこんなストーリーの真っ最中です。
バタバタしながらも、時々キー💢ってなりながら
楽しんで今を生きてるよ。
 
 
 
今日の満月、
読者のみなさんはどんなストーリーの
映画を楽しみますか?
 
 
 
ぜひ、聞かせてくださいね。
あなただけのストーリーを☆
 
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます♡